こういう時どうする?服に付いた汚れの応急処置

洋服のシミは怖くない!綺麗に汚れを落とす方法

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

外出先でも安心!まずは応急処置を

大人だけなら水溶性と油溶性の汚れで済む場合が多いです。 ところが子供は違います。 大好きな水溜まり、砂遊び、走り回って転んで泥だらけ、保育園や幼稚園から帰ってくると、スモックには絵具や粘土が付いていたり、どうしたらここが汚れるの?なんて言うのは当たり前です。 ここでは落ちにくいシミの落とし方を説明します。 続きを読む

悲鳴を上げる汚れは?

外出先で食べ物や飲み物をこぼす事は、子供だけではなく大人でもよくあります。
しかし、普段からシミ取りを持ち歩いている人は少ないと思います。
汚れは付いたらすぐに処置する事で、シミが付くのを防ぐ事が出来ます。

ポイントは『早く・こすらない・汚れの周りから移し取る』という事です。
汚れが付いたら、すぐに汚れを落としましょう。
この時にこすってしまうと、生地が傷んでしまうので、叩くように落とします。
その際、シミの周りから移し取る事で汚れが広がるのを防ぎながら取る事が出来ます。
汚れは大きく分けると「水に溶けやすい(水溶性)汚れ」と「油を含んだ(油溶性)汚れ」にタイプを分ける事ができ、汚れの落し方が違います。
水溶性の汚れ:醤油やコーヒー、ジュースなどの汚れの場合、すぐ水ですすぐと汚れが落ちます。
すぐに水で洗えないという人は、以下の方法があります。
(1)少量の水をシミ部分に垂らします。(この時浸み込まないように、ハンカチやティッシュを裏側に当てておきます。)
(2)ハンカチやティッシュで叩くように汚れを吸い取ります。
(3)繰り返し吸い取って乾いてきたらOKです。
注:落ちにくい場合は、ハンドソープや石鹸をなじませると取りやすいです。
水に溶けやすい性質の為、通常の洗濯でも汚れが落ちる場合もありますが、ある程度汚れを落とす事で、綺麗に落とす事が出来ます。
油溶性の汚れ:チョコレートやクレヨン、化粧品などの汚れの場合
(1)ティッシュなどで軽く油分を吸い取ります。
(2)シミの裏側にハンカチを当て、濡らしたティッシュにハンドソープや石鹸を少量付け、シミに馴染ませながら移し取ります。
(3)石鹸分が残らないように、水で濡らしたティッシュで取ります。
(4)石鹸分が取れ、乾いたらOKです。
油の付いた汚れは、油で落ちやすい性質があります。
食器用洗剤やクレンジングオイルなど馴染ませて、汚れを浮かせ取ると言う方法もあります。

部分洗い用の石鹸特集

泥などの不溶性は石鹸を付けると落ちやすいと説明しましたが、どんな石鹸がいいのでしょうか? 頑固な汚れを落とすのにおススメするのは固形石鹸です。 洗浄力も高く、直接頑固な汚れをピンポイントに洗う事が出来ます。 ここでは人気・実力のある石鹸を紹介します。 続きを読む

時間はかかるけど楽

揉み洗いするのがめんどくさいと言う方におススメなのが、漬け置き洗いです。 お湯に洗剤を溶かして、洋服を漬けて置くだけなので簡単で、忙しい時でも楽に汚れが落ちます。 ただし、ある程度の時間漬けこむ為、時間がかかりますし、固形石鹸に比べるとコスト面では劣ってしまいます。 続きを読む